たこやきやさんになったよ

高円寺はこの週末阿波踊りで賑わっています。

何年前からか忘れちゃったけど出店が禁止されて、食べ物なんかが地元のお店でしか買えなくなってからあまり行かなくなっちゃった。
単純に飽きたってだけかもしれないけど。

というわけで今年も阿波踊りが始まる前に買い物をすませ帰宅しました。

んで、タイトル。
出店が禁止されたから・・ってわけじゃないんだけど、子供の頃からの夢である「たこやきやさん」になったよ!

 
 
 
明治 ヤタイマンのたこやきやさん
th_130824_K7PX0573

うしろ。
th_130824_K7PX0576
 

じゃ作っていきます。
 

開封。
th_130824_K7PX0578

同梱物はこんな感じ。
th_130824_K7PX0579

はじめにこれをちぎります。
th_130824_K7PX0581

そして線まで水を入れます。
食材にこだわるお店にしたかったので、これはボルビックを使用しました。
硬水の Vittel と迷ったんだけど、日本人の味覚には軟水の方が合っていると判断しました。
th_130824_K7PX0583

きじのもと。明日のもと。ショッキングピンク。佐々木プロ。
th_130824_K7PX0584

中はショッキングピンクじゃない。
th_130824_K7PX0585

これを水に投入します。
th_130824_K7PX0586

まぜます。
th_130824_K7PX0587

ドロリッチ。
th_130824_K7PX0589

生地の半分を焼き機へ流し込みます。
th_130824_K7PX0591
th_130824_K7PX0592

次にタコ。
th_130824_K7PX0593
th_130824_K7PX0596

残った生地でフタをします。
th_130824_K7PX0597

説明を良く読まなかったため生地が硬くなってしまいました。
th_130824_K7PX0600

そしたら、説明通りここで3分間待ちます。

 
 
待ちます。

 
 
待ちました。

 
ひっくり返していきます。おおー。いい感じに焼けてる!
th_130824_K7PX0602

全部ひっくり返したら、もう完成間近。次はソースです。
th_130824_K7PX0604

ソースをかけて行きます。
th_130824_K7PX0607

つぎに青のり。ありやーす。
th_130824_K7PX0608

ファサー
th_130824_K7PX0609

 
 
 
 
完成!!
th_130824_K7PX0611

 
うまいっ!
th_130824_K7PX0613

http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yorvcom-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B008GUFYXY
 

 
続きを読む “たこやきやさんになったよ”

おっ!ペヤングだっ!!

もっぱら肉体改造中なんだけど、改造前に購入しちゃったペヤングの賞味期限が迫ってきちゃってて、
ペヤング党員としては、捨てるなんぞもってのほかなので、早めに食べちゃいましょうということで、
数あるストックの中から、賞味期限が近いものから賞味していきます。

それではさっそく。
本日、ご賞味させていただくのはこちらの方です。
th_K7PX0486

ペヤング 辛口ネギみそチャーシューやきそば

裏側。
th_K7PX0488

脱がします。
前回 の激辛のやつはグリーンだったけど、今回はレッド。
期待しましょう。
th_K7PX0490

中をのぞいてみましょう。
前回 の激辛のやつはかやくはブルーだったけど、今回はグリーン。
期待しましょう。
th_K7PX0492

 
ちなみに、この “かやく” というのは、
かんそう やさい くず
の略です。

 
 
・・という噂もありましたが、本当は加える薬味の “加薬” なんですって。

 
 
では、その乾燥野菜くずを展開します。ファサー。
th_K7PX0497

ネギとチャーシュー。

すごく、ネギとチャーシューのスメルです。

ソースはこんな感じ。赤いのが見えますね。
期待しましょう。
th_K7PX0498

お湯をいれて、3分間待ってやる。

 
休憩 INTERMISSION 
 

 
3分間待ってやって、お湯を捨ててやったものがこちら。
すごく、ネギとチャーシューのスメルです。
th_K7PX0499

 
そしたらソースをかけます。

 
くらえ!
th_K7PX0501

ぐわぁあああっ!!!
th_K7PX0503

 
完成。
th_K7PX0504

 
おいしかったです(コナミ感)

 
っていうか、嘘です。
美味しくないですコレ。

なんていうか、ネギとチャーシューのニオイがキツいのと、味噌がしょっぱい。
そして、辛い。

辛いのは全然良いんだけど、あのペヤング独特の香りが、僕の大好きなあの香りが台無しになっちゃってます。

もしかするとペヤングじゃない製品だったら美味しいと思ったかもしれません。
でもペヤングという看板を背負って売られていた商品なので、ペヤング基準で採点してしまうため、
このような残念な結果になってしまったものと思われます。

っていうか、コレ買ったの数ヶ月前なんだけど、もう Amazon では売り切れになってた。
評判よくなかったのかな?それとも大人気で売り切れ?
 

次の選手に期待しましょう。

ジャックパーセル(の箱)

こないだ javari で買ったジャックパーセルの箱を捨てようと思って気付いたこと。

これが、
130615_K7PX0419

こうなって、
130615_K7PX0420

こんなふうになっているこれが、
130615_K7PX0421

こうなって、
130615_K7PX0422

さらにこうなって、
130615_K7PX0423

もちろん反対側も、
130615_K7PX0424

おなじように、
130615_K7PX0425

こうなって、
130615_K7PX0426

上のここも、
130615_K7PX0427

こうなって、
130615_K7PX0428

こんな風になってて、
130615_K7PX0429

さらにこうなって、
130615_K7PX0430

最終的にこうなります。
130615_K7PX0432

接着剤とかテープとか全く使ってないことにちょっと感動したのでアップしてみました。
130615_K7PX0433

130615_K7PX0436

以上。

Kマウントレンズマウントアダプター PK-PQ

Kernel というメーカが出している Pentax Q に Kマウントレンズをマウントできるようにするアダプター PK-PQ を買ったよ! というお話。

Pentax 純正のPENTAX Kマウントレンズ用アダプタ Q が ¥19000 前後のところ、この PK-PQ は ¥2980!驚きの価格でした。

というわけで本日着荷。
th_130514_K7PX0368

パカッ!
th_130514_K7PX0369
箱に黒ずみがついてるけどキニシナイ!
よくみると、バーコードのところに「新品」と書いてあるし間違いなく新品です。

おしゃれな巾着もついています。
th_130514_K7PX0370

丁寧な梱包。
th_130514_K7PX0371

とちょっとここまで軽くなめた感じのインプレッションですが、
th_130514_K7PX0374
結構しっかりしています。

プラスチックかと思ったらちゃんと鉄?なんていうの?わかんないけど金属だし。
th_130514_K7PX0373
th_130514_K7PX0375

Pentax Q が なかまに なりたそうに こちらをみている!
th_130514_K7PX0377

というわけでマウント。
th_130514_K7PX0378

そしてPENTAX DA18-135mmF3.5-5.6ED AL DC WR(フード付) DA18-135mmF3.5-5.6ED AL DC WRをマウント。
th_130514_K7PX0382

にょき。
th_130514_K7PX0383

きもい。
th_130514_K7PX0384

せっかくなので。
th_130514_K7PX0385

と、ここで別のレンズをつけてみようと思ったところ、アンマウントができない。

ボタンらしきものはあるけど、押しても引いてもアンマウントできない。
困った。説明書なんてものは入っていない。新品なのに。

数分格闘したけっか、下にスライドさせるシステムということでした。
th_130514_K7PX0388

冷静になって考えれば分かりそうだけどね(^ー゜)

smc pentax-m 28mm f3.5 をマウント。
th_130514_K7PX0390
このくらいならまぁアリか。何がって話ですが。

この状態で電源を入れると焦点距離を聞かれます。起動時に毎回。
th_130514_K7PX0393

というわけで撮って見る。
th_130514_IMGP0236
th_130514_IMGP0237

以外と普通に撮れますね。

純正もなんだけど、オートフォーカスなんか使えません。
多分、今後滅多に使うことはないでしょう。

っていうか、純正品との大きな違いなんですが。

もう気付いてる方もいるかもしれませんが、こっちには絞りがない

ダメじゃん。。

絞りがついてるオールドレンズなら良いけど、18-135 とか室内じゃ暗すぎて使い物になんねー。

でも悔しいから何か撮ってみようとしたところ、あらやだアーティスティックな感じになりました。
th_130514_IMGP0240
th_130514_IMGP0239
th_130514_IMGP0241

お し ま い

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yorvcom-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B00CKGSCDO

2013GW

毎年のことですが、実家のある栃木へ帰ってきました。

昨年は高速バスだったんだけども、今年は電車で。
理由は東北道が事故渋滞してたっぽいので。

というわけで、りょうもう号の車窓から。
りょうもう号の車窓から_1
りょうもう号の車窓から_2

館林(群馬)に到着。
th_130505_IMGP0159
th_130505_IMGP0160

この時、とんでもない失態に気付く。

\(^o^)/カバンをりょうもう号の中に忘れてきた\(^o^)/

カバンの中身は着替えと一眼のレンズ。
急いで駅員さんに確認。

次の駅(足利)に停車したタイミングで確認してもらえるとのこと。

 
・・ドキドキ。
 

まぁ、ボクの着替えと Pentax のレンズなんて需要ないのでしょうか。
あっさり見つかりました。

そんなこんなで足利駅で無事に荷物を受け取り、実家に到着しました。
ご迷惑をおかけしました。

実家で夕飯を食べ、お友達と安らぎの湯へ行きました。

んで、翌日(5/5)巴波川綱手道(うずまがわつなてみち)で鯉のぼりがいっぱい泳いでるっていうんで蔵の街、栃木市へ。
th_130505_K7PX0261
th_130505_K7PX0266
おお。確かにいっぱい泳いでる。

th_130505_K7PX0270
でもこれはこいのぼりじゃないね。
巴波川綱手道_04

正解はこっち。
th_130505_K7PX0268
th_130505_K7PX0294
th_130505_K7PX0292
船にも乗れるんですって。乗らなかったけど。
th_130505_K7PX0287
th_130505_K7PX0284
th_130505_K7PX0305

渋いカメラをもったおじさんとちょっとだけお話をしました。
ドイツのカメラ

散策。
th_130505_K7PX0293
th_130505_K7PX0333
th_130505_K7PX0317

レトロな建物を発見。
栃木市役所

栃木市役所です。
th_130505_K7PX0334
th_130505_K7PX0335
th_130505_K7PX0337
th_130505_K7PX0339

鵜とかハトもいました。
th_130505_K7PX0353
th_130505_K7PX0356

というわけでそのまま栃木駅まで送ってもらい東京に戻りました。
栃木駅

お し ま い

ワインセーバー

もうすっかり春ですね。
東京はほぼ葉桜になっちゃった今日この頃です。

最近ワインをよく飲むんだけど、ボクはお酒弱いので一日でボトル一本飲みきるなんてリームーなんです。
というわけでワインセーバーを買ったよ。っていうお話。

Q:これはなんですか?
A:ワインは空気に触れると味が変わってしまうので、飲みきらなかった分のボトル内を真空にして、
新鮮なまま保存することができるという優れものです。

 

これ。
th_K7PX0202

うら。使い方が書いてあるます。
th_K7PX0203

アップ。
th_K7PX0204

横から。
th_K7PX0205

中はこんな風になっちゃってます////
th_K7PX0206

スライドするとこんな感じ。
th_K7PX0208

装着!
th_K7PX0210

シュコ!
th_K7PX0211

シュコ!
th_K7PX0212

シュコ!
th_K7PX0211

シュコ!
th_K7PX0212

シュコ!
th_K7PX0211

シュコ!
th_K7PX0212

もういいか。
こんな感じでシュコシュコすると空気が抜けるという寸法です。

5回、7回、10回 と、残量によって回数を調整しろと書いてありますね。

一日で一本あけてしまう人には不要なものです。

ワインセーバーって名前だけど、別にコーラでも醤油でもいいんじゃないかな?(笑)

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yorvcom-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=B001FW7MPS